手作り工房 森のくまさん  ~作品展~

手作り大好き主婦の作品紹介!世界でひとつだけの手作り小物はいかがですか?

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

熊本地震を振り返って その1

熊本地震により
被害を受けられた
全ての方に お見舞い申し上げます






鳥居 近所の鳥居





熊本地震を振り返って

この度の熊本地震について、
当事者の一人として

あの時、ああしておいて良かった、
また、こうすれば良かったと思うことがあり、
この反省が今後何かの役に立てばと
書き記す事にしました。

良かった点は青字で、
悪かった点は赤字で
こうすれば良かったとの反省点は緑字で書く事にします。

まずは、我が家の事から
一人娘を嫁に出し、昨年初孫が生まれ
今は 主人と2人暮らし。

場所は、
被害の大きかった
  益城町の北東
  西原村の北隣
  南阿蘇村の西隣 の
川沿いの地区になります。



今回の地震で行方不明だった
最後の1人が発見された
    あの川です。

親御さんの悲しみは計り知れません
   心よりご冥福をお祈り致します。



1、前震
4月14日 21:26 益城町に震度7の前震

自宅で主人とテレビを観ていると
突然大きな揺れが!!

食器棚の上に飾っていた
  小物が落ちてきて
テレビの横に飾っていた
  写真立てが倒れてきました。

「テレビ、テレビ!」
主人が叫びますが動けませんでした

幸い
我が家で1番の高額家電の
テレビは倒れませんでした
実は以前100均で買った
耐震ジェルマットを 敷いていたからです




しばらくして
揺れが収まり
家中を見回りましたが
家自体に大きな被害は無い様でした。


これは大きな地震だ!
きっとニュースになるなと思い
関東に嫁いだ娘が心配するといけないと
今、地震があったが、
我が家は無事だとラインで伝えました。



台所に散乱した物は片付けましたが
まだまだ余震もあったので
食器棚の中は跡で片付けようと
ガムテープで扉が開かないように止めました。

水屋



ニュースで益城町の被害を知り
近くでこんな被害がでるなんて・・・

益城の方々は大変だな と 
思いはしたものの
どこか人事のように感じていました。


念のため
ポットとやかんに水を
いっぱい溜めて断水に備える事にしました




2、本震
4月16日 1:25 震度7の本震

度重なる余震でなかなか眠れず、
ようやく眠りに付いた頃

突然、ドン!と突き上げるような揺れに襲われ
その後ガタガタと大きな揺れが続き
揺れは
とても長く感じました

早く揺れが治まるように と願いながら
この前の地震より大きい!!大丈夫だろうか?
と 色々な事が頭の中を駆け巡ります。


ようやく揺れが治まると

「おーい!ちょっと来てくれ!!」

1階の和室で寝ていた主人が呼ぶので

2階で寝ていた私は下に降りようと
階段の
電気のスイッチを入れましたがつきません!

停電です。

どうせ倒れたタンス等の片付けで呼んでると思い
片付けは明るくなってからするから、
2階に上がる様促しました。

しばらくすると、
近所が慌ただしくなり、方々で
「○○さ~ん大丈夫ですか!?」と 
地元の消防団が安否確認や
避難所への誘導を行っていました。

隣に住んでいる主人の妹が
避難所に行くと言いに来ました。、

私達も
避難所に向かうべきか迷いましたが

とりあえず揺れは収まった事と
真っ暗な中での移動はかえって危ない
我が家は築14年で耐震住宅
家具は倒れたが
家自体に大きな被害はないはず
私は腰痛持ちで、
体育館の板張りでは寝れないと
自宅に留まる事にしましたが

度重なる余震と
その度に鳴る 携帯電話の緊急速報で
眠れぬ夜を過ごしました。




明るくなり外を見てみると
近所の様子が一変 !!
道路には亀裂や、
倒れたブロック塀が散乱していて
夜に狭い道を車で移動するのは
危険行為たと思いました。

後から、聞くと
非難所へ向かった義妹は、
暗がりで何かにつまづき 足首を捻挫し、
避難所の前の道路が大渋滞で
結局避難所へは入れず
道の駅の駐車場で車中泊をしたそうです。

結果的には避難所へ行かず、
自宅に残った私達の判断は
正しかったのだろう

もちろん、状況次第ですが、

安全が確保されているのであれば
無理に夜中に移動せず、
明るくなり
周囲の状況を確認してから
避難所に向かうべきだと思いました。















関連記事
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

森くまんま

Author:森くまんま
皆様、
  はじめまして、
手作り大好き主婦です。

  夢は、手作り品の  
 自宅ショップを
 オープンする事!

でも、貧乏暇無し生活で、
 オープンなんて
夢のまた夢だけど
夢に向かって一歩づつ、

 まずは、
私の作品を見てください。




  文部科学省認可
(財)日本手芸普及協会

パッチワークキルト講師

最新記事

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。